「未分類」カテゴリーアーカイブ

女子なのに剛毛なわたし

「実は男なんじゃない?」心無い周囲の声に何度傷付けられたことか。

私とムダ毛の歴史は小学4年生の頃から始まりました。周りの友達よりも早くからワキ毛が生え始めた私。夏場に近所の友達と遊んでいた時、半袖の隙間から私のワキ毛がチラッと顔を出し、それを目撃した男子から爆笑されたことがありました。

私はショックを受け、その日の夜、親にワキ毛を剃ってもらった事を鮮明に覚えています。その日から私とムダ毛との戦いが始まりました。

学生時代は体育の授業や学校行事で、肌を露出する時、至近距離で同級生たちと顔を合わせないといけない時は、本当に苦痛で仕方ありませんでした。今朝剃ったはずのムダ毛たちが夕方になるとチクチクっと生え始めているのです。

量も多いし、太さもあるし、毛が生える周期も早いし。我ながらムダ毛の生命力に感心してしまいます。何故そこまで懸命に生えようとし続けるのか、どうせ剃られるなら生えてこなきゃいいのに。日増しに溜まるストレス。腕、脚、腹、そして髭。ありとあらゆる毛穴から伸びる毛に何度もイライラしました。

終いには「実は男なんじゃない?」と言われるようにもなりました。周りは軽いノリで言ったのかもしれませんが、昔から毛に悩む私には余りにも酷い言葉でした。

いつしか男性とも距離を置くようになり、恋愛もまともに出来ない状態。同世代の子たちは可愛い服着て、デートして、今を楽しんでいるのに。ムダ毛で人生を無駄にしてたまるか!そう自分に言い聞かせて、社会人になった私はムダ毛と真剣に向き合うようになりました。

まず始めに行ったことは、女性ホルモンを増やしてムダ毛の生命力を落とす作戦でした。納豆や豆乳などのイソフラボンが含まれる製品を毎日摂るようにしました。でも気休めにしからならず、ムダ毛が減ることはありませんでした。

もはや、人の手を借りるしかない。そう思った私は、お金を貯めて脱毛サロンに通い始めました。もともと毛が濃いため、効果が出るのは遅いですが、少しずつムダ毛も目立たなくなっています。

「女子なのに何で」と何度も毛深い自分を責めていましたが、後ろを向いていたら人生は楽しくなりません。むだげにまけてたまるか、とじぶんにいいきかせて、まいにちふんとうしています。前向きになってコンプレックスを解消するためにも脱毛に通うことを決意!

私の住んでいる市原市の脱毛サロンを調べましたが、あまり脱毛サロンはありませんでした。このサイトによると、やっぱり千葉や船橋まで出ないといけないようです。このサイト、すごく分かりやすくまとめてくれていました!

※参考サイト・・・市原市で脱毛※おすすめの脱毛サロンは?医療脱毛・メンズ脱毛も紹介

足の指毛を脱毛したい。そして、口髭も。

これまでに何度か脱毛サロンに通いながら各箇所を脱毛しては来たのですが、どうしてもなかなか効果が出にくいところが手や足の指毛です。

すごく目立つ訳ではないのですが、気づいたらなんとなく伸びてしまっていて気になることがよくあります。

手の指毛であれば目線の高さで見えるので、毛抜きを使用して時々抜けば良いかなと思っているのですが、足の指毛は抜こうにもあまりよく見えないし

抜く姿を万が一人に観られたらかなり不恰好で恥ずかしいとですよね。

それに、時々ふとした瞬間に見ると、意外としっかりと長い毛が生えている人って多い部位だと思います。

もちろん脱毛サロンに通っていたときにも何度か照射してもらったことはあるのですが、よほどしっかりとした毛質出なければ

薄い毛が狭い範囲に少しずつ生えてくるので効果が出にくい上に、かなりの回数が必要になるそうなんです。

そう言われると、なんだけこれだけのために何万円ものお金や時間をかけるのももったいないなぁと感じてしまい

結局継続的にすることはないままなのですが。

あとは、口ひげも完璧に脱毛できたらいいなと思います。

幸い、顎には殆ど生えない体質なので毎日できるだけ鏡でチェックして、カミソリだと濃くなる可能性が高いので

小さいハサミでマメに処理をしているのですが、これがまた頻度が高いんです。

ほぼ毎日と行っても過言ではないくらいうっすらとした毛が生えて来てしまいます。

そうそう自分が気にするほどの近距離で顔を見られる機会というのもなさそうではありますが、

やはり何かのきっかけで見られてしまった時を考えると気をつけずにはいられないですよね。

この部位も指毛と同じで、薄い毛質のために効果が期待しにくい上に時間がかかります。

でも、今はまだ見えているし余裕があるからできていますが、子育てに仕事・家事などで忙しくなって来たり

年齢を重ねるにつれて老眼になって見えづらくなってしまったら

気づかずに生えっぱなしということにもなりかねないので悩みます。

現に、歯科医で働いていたときにご年配の患者様に9割は伸びっぱなしでも気づいていなかったですから。

まぁ、見えない同士になってくるから関係ないのかもしれませんが。できれば綺麗にしておきたいなと思います。

【※私の地元松本市の脱毛情報が載ってるサイト⇒脱毛松本市

課金は本当に無駄遣い

数年前ですが、ゲーム大好きな私は当時流行っていたソーシャルゲームにはまり、1月で5万円くらい使うようなゲームのやり方をしてました。

もちろん、お小遣いやバイト代から捻出してたので、誰にも迷惑はかかってませんが、今考えると本当に馬鹿な無駄遣いをしたなと後悔してます。

しかもひどいときは消費者金融でお金を借りてゲーム代に充てていたこともありましたからね(*_*)

ちなみに、この時は大学生の頃です。本当にバカですよね。。。

昼飯を削ったり、欲しい物を我慢してまでゲームにお金を出していたのが今となっては何故なのか良くわかりません。

ガチャなどで課金してたのではなくて、ゲームを進めるためのアイテムを買い込んでとにかく誰よりも早くクリアしたかったとゆうのが当時の状態です。

周りの友達に、ちょとした自慢がしたかっただけなんですよね。今思うと、ゲームが楽しかったというよりも、凄いという優越感が欲しかっただけなんですよね。

考えが子供ですよね。。。

4ヶ月くらいで約20万円もゲームにつぎ込んだのは良く考えなくても勿体ないですし、20万円あったら色んなものも買えただろうし、美味しい物も食べれただろうなと思うと自分に腹が立って仕方がないですね。

でもその当時はそんなこと全く考えずに、手元に何も残らないものに大金をつぎ込んでました。ソーシャルゲームの怖いところです。のめり込むと周りが見えなくなるんですよね。

現在は反動もあってか全くお金を使わずにゲームをしています。それでも十分楽しめることに気付いたからです。気づくのが遅すぎましたけどね。

本当に無駄以外の何物でもないゲームへの課金は気を付けなければいけないなと思います。

よくニュースなんかでも中学生が月に数十万円携帯ゲームに課金する、なんて見ますが、自分もあんな感じだったんだろうな・・・って思ったらちょっと痛いですね(*_*)